台所つまりを放置するとどうなる?そのリスクについて理解しよう!

台所つまりを放置するとどうなる?そのリスクについて理解しよう!

台所でおきやすいつまりのトラブルですが、初期段階では以前よりも排水のスピードが落ちたような感覚から始まります。
放置をして使い続けると排水スピードが更に遅くなり、蛇口から流す水の量に対して排水が遅れることでシンク内には水が溜まってしまいます。
それでも数分が経過すると流れることにより、この状態でも放置してしまう方もいる可能性はあります。
本来であれば初期段階で洗浄剤を使う方法で対処していれば問題にはならないものの、水溜まりができるほど進行している場合ではラバーカップや真空ポンプ、ワイヤーブラシでは既に直すことができないリスクがあり、食べ物のカスや油汚れが排水管内を埋めてしまうことで、台所としては使うことができなくなります。
早期改善では洗浄剤だけで済ませられるものの放置することで水のトラブルを解決する専門会社に依頼をした結果、排水管を取り外して別の場所で内部洗浄をしたり、交換を推奨される可能性もあるので、高額な修理費がかかるリスクがあります。

台所つまりを直すならまずは掃除がおすすめ

台所は頻繁に使う場所でもありますし、油汚れや水垢などもつきやすいところです。
シンクを使っているときに水が流れなくなって困った経験を持つ人もいるのではないでしょうか。
台所つまりの原因は排水溝や排水管の汚れであることも多いので、まずは掃除をすることをおすすめします。
油汚れや野菜のカスなどはできるだけ取り除いていきましょう。
排水部分も取り外せる部分があれば、できるだけ取り外して清掃をします。
時には小さなスプーンや竹串、ペットボトルのふたなどが流れていることもあります。
こうした異物を取り除くことで改善できることも少なくありません。
排水管では自分で取り外しができない部分もありますし、手が届かない部分もあります。
そのような場合は、市販のパイプクリーナーを使うことも考えてみましょう。
排水溝にパイプクリーナーを流し込んだら、一定の時間が経ってから水やぬるま湯で洗い流していきます。
つまりが解消されても、再発を防ぐためには定期的に掃除をすることも大切です。

台所つまりに関する情報サイト
台所つまりの雑学

台所でシンクの水が流れにくくなるといったトラブルは、住み始めて数年くらいたったあたりからぽつぽつと発生し始めます。
育児など日々の生活が忙しいと余計このような突発的なトラブルは、対処に余計な時間を要してしまうため出来るだけ防止したいものです。
異音や匂いが生じやすい季節の変わり目なども時間が無いことが多いので、一定期間ごとにメンテナンスすることを事前に決めておけば突然のトラブルに合う可能性は低くなります。

Search