自分では難しい!台所つまりで業者を呼ぶべきケースとは?

自分では難しい!台所つまりで業者を呼ぶべきケースとは?

台所の流しの排水口が詰まってしまった、という悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。
排水口がつまってて、流れなくなったときには何が原因なのかをまず確認する必要があります。
もしゴミや砂などを流してしまい詰まらせたのであれば、すっぽんと呼ばれるラバーカップを使用してつまりの解消を目指してみることもできます。
多くの場合にはこの方法で自分でも直せるはずですが、この方法を試したけれども自力で解消させることができなかったり、そもそもラバーカップを持っていなかったりするときには業者を呼んで直してもらうのが良いかも知れません。
プロに依頼をすれば、台所の流しのつまりも楽に直してもらえるので便利です。
また詰まるようなものを流していないのに流れなくなってしまったり、何らかの原因で排水口を傷めていることが明らかである場合には業者に依頼した方が安全です。
状態を悪化させてしまう前にプロに任せた方が良いでしょう。

台所のつまりを直す際には要注意事項がある

台所で水が流れにくくなったりあふれ出したりした場合、排水ホースや排水管で問題が生じている場合が多いです。
毎日のように台所を手入れしないと油汚れや食品カスが排水管をふさいでしまい、さらにつまりが生じてしまいます。
また以外な部分では洗剤も原因の一つとなっており、油とともに内部にこびりついてしまうので、長年の間に蓄積され少しずつ通り道が狭くなっています。
台所のつまりは比較的直しやすい部分です。
排水口用のパイプ用洗剤も販売されており、使用することにより水の流れが良くなることが多いです。
ですが洗剤によっては逆効果になることもあり、洗剤によって表面の汚れが剥がれ、それが他の汚れにくっつき症状を悪化させてしまうこともあります。
そのため発生する前から使用するのが望ましく、発生した後は使用方法に要注意となります。
お湯で流す方法もありますが、お湯も洗剤同様他の汚れにくっつく可能性が高く、さらにあまりにも高い温度の場合は塩ビ管をいためることもあります。

台所つまりに関する情報サイト
台所つまりの雑学

台所でシンクの水が流れにくくなるといったトラブルは、住み始めて数年くらいたったあたりからぽつぽつと発生し始めます。
育児など日々の生活が忙しいと余計このような突発的なトラブルは、対処に余計な時間を要してしまうため出来るだけ防止したいものです。
異音や匂いが生じやすい季節の変わり目なども時間が無いことが多いので、一定期間ごとにメンテナンスすることを事前に決めておけば突然のトラブルに合う可能性は低くなります。

Search