排水口が流れにくい?異音やニオイがする?そんな台所つまりに役立つ雑学を紹介します!

台所でシンクの水が流れにくくなるといったトラブルは、住み始めて数年くらいたったあたりからぽつぽつと発生し始めます。
育児など日々の生活が忙しいと余計このような突発的なトラブルは、対処に余計な時間を要してしまうため出来るだけ防止したいものです。
異音や匂いが生じやすい季節の変わり目なども時間が無いことが多いので、一定期間ごとにメンテナンスすることを事前に決めておけば突然のトラブルに合う可能性は低くなります。

排水口が流れにくい?異音やニオイがする?そんな台所つまりに役立つ雑学を紹介します!

次に具体的な台所のつまりの対処法についてみていくと、まず基本の雑学として予防することがとても大切になります。
ネットを排水溝に入れて大きなゴミを排水管に流さないことによって、排水管のトラブルの原因を一定程度制限し抑止します。
台所では料理をするのでそれが少しずつ積み重なって、詰まってしまう原因になりますが多くが微細な細菌などがバイオフィルムを作ったことでおこるものです。
このためこれらを分解する薬液をいれれば解決します。

台所つまりになるとこんな症状が現れる!

台所につまりが起こるとさまざまな症状が発生します。
まず初期に起こるものとしてはごぼごぼ音がします。
水道を出している時、洗い物が終わった後くらいに、排水口の付近からごぼごぼという水が流れでなくなっているのがわかる音です。
これを放置していると次は、排水が流れにくくなります。
少しシンクに水がたまり流れていく、なんとなく排水するまでの時間が長いなと感じるものから、完全に流れ終えるまでかなりの時間がかかることもあります。
この時に良くあるのが水漏れで、排水管の継ぎ目などの配管の弱い箇所から少しずつ水がもれてきます。
これは排水が流れにくくなったために継ぎ目が水の圧で耐えきれなくなったためで、最初はわずかの水漏れで気づかないこともありますが、ひどくなると台所の床から染み出すくらい激しくなります。
そしてさらに放置すると完全につまり流れなくなります。
通常はこうなる前に気づくもので、早めに対処すれば速やかに解消します。

排水口の構造?ゴミの内容物?台所つまりの原因はこれ!

キッチン(台所)は老若男女問わず日々利用する生活空間です。
料理をする人もしない人もシンクに何らかの物を日々流しています。
長く生活するにあたって、キッチン(台所)のシンクのつまりを経験された(される)方が多数いるかと思います。
主だった原因を掘り下げていきたいと思います。
キッチン(台所)のつまりの原因として一番に挙げられるのは、「あぶらの固形化」です。
あぶらは温度が高いと液状ですが、冷やされることによって固まり水の流れを阻害します。
対策は油汚れはシンクに流さずに、キッチンペーパー等でふき取りゴミ箱に捨てることです。
天ぷら等、大量に油を利用する際には専用の吸収用紙を購入してもよいですが手元にない場合には、新聞紙等、吸水性のある紙類で代用いただけます。
いちど詰まってしまうと、処理が大変ですので、日々、少しの工夫によって詰まってしまうことを防ぎましょう。
また、こまめに野菜の切りくずや残飯を取り除くことも重要です。

自分で台所つまりを解消する方法はある?

自宅の台所につまりが起きてしまった場合、自力で解消する方法はあるので焦る必要性はありません。
意外とシンプルな構造になり、シンク台に取付けている排水口はその真下の排水管を通して流す仕組みです。
途中で異臭が上に出ないように常に水が溜まるトラップを設置していることも多く、構造を理解することで台所のつまりは解決できます。
有名な道具ではラバーカップ、真空ポンプ、湾曲部まで入り込ませられるワイヤーブラシの利用です。
ラバーカップは垂直に排水口に押し当ててから一気に真上に引き上げる使い方なので、シンク台は高い位置にあるので椅子を用いることで簡単に使えます。
真空ポンプも同じような使い方ができますが、ワイヤーブラシは通常の方法では届かない位置にまで洗浄しながら入り込ませるものなので、トラップ部分で異物が引っ掛かっている場合でも奥側へと流し込むことに役立ちます。
このような基本となる方法で対処できない場合、排水管を取り外す方法があり、接続部分には機種による違いはありますが、大きなナットや樹脂製ナットなどを確認できるので、反時計回りに回すことで簡単に外せます。
外した後はお風呂など広い面積の場所で内部洗浄を行えば、新品状態に近いコンディションに戻せます。

台所つまりを防ぐにはどうする?日頃の使い方が大事!

台所でつまりを起こしてしまうと料理を作ることができず、食器洗いもできない状態になるので、予め予防をすることは非常に重要です。
日頃から行うべき使い方は、台所で使えるパイプクリーナーを定期的に使う方法で通常は済ませることができます。
排水管の内部に汚れが蓄積してしまった場合、排水の通り道が狭くなるので後につまりが起きる原因となります。
従って配管内部を洗浄することには徹底した方が良く、高圧洗浄機をお持ちのご家庭では、配管内部を水の力で洗い流す行動も効果はあります。
家族数が多い場合は作る料理が多いことと同時に、食器も沢山の数を使います。
食器洗いをする時に、食べ物の破片やカスを流してしまう頻度も高くなるので、メーカー純正品として取り付けられている排水口のフィルターだけではなく、市販品で汎用品のフィルターを購入して取り付ける方法も日頃から行っておくと万全です。
水道料金を節約しようとして、少ない水で洗浄作業などを行うことも避けた方が賢明です。

台所つまりに関する情報サイト
台所つまりの雑学

台所でシンクの水が流れにくくなるといったトラブルは、住み始めて数年くらいたったあたりからぽつぽつと発生し始めます。
育児など日々の生活が忙しいと余計このような突発的なトラブルは、対処に余計な時間を要してしまうため出来るだけ防止したいものです。
異音や匂いが生じやすい季節の変わり目なども時間が無いことが多いので、一定期間ごとにメンテナンスすることを事前に決めておけば突然のトラブルに合う可能性は低くなります。

Search